カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
最高級酒米、山田錦を40%まで磨き上げた、純米大吟醸福小町。口に含むと、ふくよかに香る吟醸香と奥深い上品な旨味がゆったり調和し、豊かな味わいが広がる お米の風味と甘みがふわっと口の中にやさしく流れ込む・・・繊細さが感じられる一本です。
福小町 純米大吟醸(桐箱入り) 720ml
5,400円(税込)
購入数

福小町 純米大吟醸(桐箱入り) 720ml

kimu01
5,400円(税込)

東北清酒鑑評会2018 純米の部で優秀賞

福小町を造っている木村酒造さんは、「飲む人の心までもを動かすお酒を造りたい」と、機械に頼らず各工程のプロが声を掛け合い、人の手で造っております。
洗練された職人さんの目で造られたお酒は、どこか温かみがありながらにして、厳格な空気をまとっていく・・・
原料の最高級酒米、山田錦を40%まで磨き上げた、純米大吟醸福小町
実は、東北清酒鑑評会2018で純米酒の部、優等賞を受賞したお酒なのです。
同じく、福小町の大吟醸は吟醸の部で最優秀賞を受賞しました。

やさしい味わい

では、こちらの福小町、どんなお味なのでしょう。
口に含むと、ふくよかに香る吟醸香と奥深い上品な旨味がゆったり調和し、豊かな味わいが広がる
お米の風味と甘みがふわっと口の中にやさしく流れ込む・・・繊細さが感じられる一本です。
のんびり、ゆっくりこちらの福小町を味わえたら、一日の疲れなんて吹っ飛びそう。これこそ、自分へのご褒美!桐箱入りなので、贈り物にもピッタリ!
冷やしてのんでくださいね♪

福小町って??

明治14年、明治天皇が御巡幸で秋田県雄勝郡湯澤町(現湯沢市)を訪れた際、その侍従長が木村酒造を宿にしました。
そこでは当時、「男山」という名前でお酒を出していたのですが、甘くてやさしい香味が賞賛され、男山というよりも女性的な印象であったということから「福娘」という名前に変わりました。
その後、小野小町生誕の地として知られる湯沢にちなんで「娘」を「小町」に変えたことから「福小町」が誕生しました。
福小町はフルーティーな中にも程よい酸味があってしっかりした味なので、男らしさも女らしさもどちらも兼ね備えているということですね。
新しい時代、新しい人に飲んでもらえることを目指して、福小町は今も美味しくなり続けています。

福小町 純米大吟醸はこんなお酒!

●種類:純米大吟醸
●原料米:山田錦
●精米歩合:40%
●日本酒度:-0.5
●アルコール度:15.5度

福小町 純米大吟醸はこんな味わい


福小町 純米大吟醸は“中口”

おすすめの飲み方

※注文完了後、すぐに自動返信メールにてご注文内容をお送りしております。
メールの受信設定により正常に受信できない場合がありますので、【@kojonin.jp】を予め受信できるよう設定をお願いいたします。
※別途、地域別送料がかかります。   送料について
※大変恐れ入りますが、離島へは配送できません。ご了承ください。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されております。未成年の方への販売は固くお断り申し上げます。

この商品を購入する